fc2ブログ

Ayase Genya's Hobby Gallery a Fantasic Country
ほび~ぎゃらりぃ夢幻郷
http://mugenkyo.web.fc2.com/

「ほび~ぎゃらりぃ 夢幻郷」は、管理人「彩世幻夜(アヤセゲンヤ)」が趣味で作った小説やイラスト作品を公開しているサイトです。

|Home|Site Map|Reception Desk|Novels Museum|Gallery Museum|Profile|Twitter|Mail|

彩世のホビー館

TV・読書・音楽等々、彩世の好きなモノ、今ハマっているもの。 独り言も含め。サイト更新情報と共に、気の向くままに書き綴ります。

My Profile

彩世幻夜

Author:彩世幻夜
1984.3.24生まれ、東京在住。趣味は読書(←マンガ込み、大半ラノベ文庫系)。
あとはイラスト描いたり、小説書いたりして、ホームページ「ほび~ぎゃらりぃ夢幻郷」にて公開しています。

Counter

New entry

おこぼれ姫と円卓の騎士14 王女の休日





急転直下、という言葉がこれほど似合う巻もないだろう、と思うほどの急展開、です。

正直、前巻の最後で“あの”ゼノンがフリートヘルムに声をかけ、その手をフリートヘルムが取ってしまった時点で、既に波乱の予感は当然あったわけですが。
同じく前巻の最後でメルディ達前回の留守番組騎士と侍女候補が揃って計画した“レティの休日”という名目で、まずは一時、デュークとの恋を内緒で楽しもうとするほのぼので始まり、ページも半分以上進むまで、多少のハプニングはあれど、少うくともこの巻だけは、最後までめでたしめでたしで終わると……それこそゼノンはどこ行った、とすら思いたくなるくらい平和な話であったのに。

ちょっと思っていた、いつかのウィラードのあの言葉、少なくとも前半部分はまさに今回ぴったりはまってしまった感じ。

「“とあるむかつくお方”は、自身の欲望によっていつか追い詰められるでしょうが、王女殿下は自身の嫌っている甘い部分によって、いつか追い詰められたときに助けを得ることができるはずです」

まさに……です。
そして次からは、この後半部分がこれまで以上に生きてくるのではないかと。

むしろ心配なのは、かの“むかつくお方”ではない方の兄。
でもこれで、残る3つの枠が王子3人で埋まるフラグが立ったのではないかとも思っています。

少なくとも、フリートヘルムとグイードを二人とも救いあげるにはそれしかないんじゃないかな、と。
むしろ最後の一人とか、デュークとの決着とか、そっちのほうが気になる!
この展開、当然最終章突入、という事なので。

またお気に入りのシリーズが一つ終焉に向かうのは寂しいけど……、結末はすごく気になる!
この作者の別シリーズ、「神様になりまして」も面白いので、さらなる次シリーズにも少し期待してるけど。
……さすがにこれは気が早すぎるか……
スポンサーサイト



06月16日 (木)06時42分 |小説コメント(0)トラックバック (0)
Need of Your Heart's Blood 3 最新話UP! |TOP| FC2トラックバックテーマ 第2127回 「朝、起きて最初にすることは?」

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayasegenya.blog45.fc2.com/tb.php/2016-61a44895
//() :: |

Nicotto アバダー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

RSSリンクの表示

blogram



blogram投票ボタン

▼ 彩世管理ページ

人気ページ

更新予定

My Photo

My Picture

ブロとも一覧


ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

ブロとも申請フォーム

☆この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2 Access Ranking

FC2アフィリエイト

ホームページ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2投票

各小説ヒロイン・ヒーローのうち、誰が一番好きですか? 人気投票の結果でSS書きます!

FC2掲示板

彩世のお気に入り♪

copyright Template by:Ayase Genya