fc2ブログ

Ayase Genya's Hobby Gallery a Fantasic Country
ほび~ぎゃらりぃ夢幻郷
http://mugenkyo.web.fc2.com/

「ほび~ぎゃらりぃ 夢幻郷」は、管理人「彩世幻夜(アヤセゲンヤ)」が趣味で作った小説やイラスト作品を公開しているサイトです。

|Home|Site Map|Reception Desk|Novels Museum|Gallery Museum|Profile|Twitter|Mail|

彩世のホビー館

TV・読書・音楽等々、彩世の好きなモノ、今ハマっているもの。 独り言も含め。サイト更新情報と共に、気の向くままに書き綴ります。

My Profile

彩世幻夜

Author:彩世幻夜
1984.3.24生まれ、東京在住。趣味は読書(←マンガ込み、大半ラノベ文庫系)。
あとはイラスト描いたり、小説書いたりして、ホームページ「ほび~ぎゃらりぃ夢幻郷」にて公開しています。

Counter

New entry

ぷちっとくろにくる

……『星の島のにゃんこ』が、あまりに強制終了多すぎて、プレイしていられなくなり、残念に思いつつも、思い切ってアンインストール。

その空き枠に新たにインストールした、『MMORPG』が、コレ、ぷちっとくろにくる。

……まだ面白いとも面白くないとも分からない、出だし・駆け出しだけど。
取り敢えず、画面にある十字キーが使いづらい!

私がへたっぴぃなのか、私のスマホの反応がおかしいのか、うまくまっすぐ歩けない・走れない。
ともすると意図しない方向へ進み、キャラが身投げしてしまう確率がかなり高くて……。

いわゆるペナルティ的なものが無いのが幸いなのですが。

プレイを初めてすぐ、海辺で女の子が襲われてて、「助けて~」と言われ、彼女のもとに駆け寄れば、彼女が戦い方他、初期レクチャーをしてくれるんですが。
そも、彼女のもとに駆け寄る、という事に、ものすごく苦労したんですね……、これが……(;・∀・)

とにかくまっすぐ歩けず左右にぶれる、前に行きたいのに後ろへ動く、カメラが変な方を向く、など……。
同じところをぐるぐる回ってみたり、壁にぶつかってみたり、変なところにはまってみたり……。

本来、ほんのちょっと歩けばいいだけを、ちっとも彼女のもとへ行けず……。
何とかたどり着くと、取り敢えず彼女の村へ行こう、となるんですが。
その海辺から、坂を上った先にある村との間に、川があり、それを渡る段々の道があるんですが。
彼女にジャンプで渡れと指示されて。
未だまっすぐ走れない身でそれやったら、しょっぱなから投身自殺行為を働いてしまいました♪~(´ε` ;)

今はそれよりは若干マシになっているけど。
それでもブレるし、カメラワークにまだ慣れ切らないし。

これを除けば、取り敢えずつまらなくはないゲームだと思うのに。
おかげでレベルアップのための戦闘も、余計にマージン取らないと、無駄に攻撃食らって危なくて仕方ないという……。

うぅ、も少し何とかならないものかなぁ、と思いつつプレイしてます(≧▽≦)ゞ
スポンサーサイト



02月29日 (月)08時07分 |アプリコメント(0)トラックバック (0)
お菓子バトン。 |TOP| 贄の花嫁 最新話UP!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayasegenya.blog45.fc2.com/tb.php/1909-cee9d378
//() :: |

Nicotto アバダー

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

RSSリンクの表示

blogram



blogram投票ボタン

▼ 彩世管理ページ

人気ページ

更新予定

My Photo

My Picture

ブロとも一覧


ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

ブロとも申請フォーム

☆この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2 Access Ranking

FC2アフィリエイト

ホームページ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2投票

各小説ヒロイン・ヒーローのうち、誰が一番好きですか? 人気投票の結果でSS書きます!

FC2掲示板

彩世のお気に入り♪

copyright Template by:Ayase Genya