fc2ブログ

Ayase Genya's Hobby Gallery a Fantasic Country
ほび~ぎゃらりぃ夢幻郷
http://mugenkyo.web.fc2.com/

「ほび~ぎゃらりぃ 夢幻郷」は、管理人「彩世幻夜(アヤセゲンヤ)」が趣味で作った小説やイラスト作品を公開しているサイトです。

|Home|Site Map|Reception Desk|Novels Museum|Gallery Museum|Profile|Twitter|Mail|

彩世のホビー館

TV・読書・音楽等々、彩世の好きなモノ、今ハマっているもの。 独り言も含め。サイト更新情報と共に、気の向くままに書き綴ります。

My Profile

彩世幻夜

Author:彩世幻夜
1984.3.24生まれ、東京在住。趣味は読書(←マンガ込み、大半ラノベ文庫系)。
あとはイラスト描いたり、小説書いたりして、ホームページ「ほび~ぎゃらりぃ夢幻郷」にて公開しています。

Counter

New entry

銀の匙 Silver Spoon




……テーマは、農高生。

原作も、アニメも、ドラマにもなって、原作者は鋼の錬金術の荒川弘。
当然、そのタイトルは知っていたし、正直気にはなっていたのだけれど。
その一方で、例えば「ロシナンテの災難」みたいなノリになっていくのかなぁ、と。

――正直、当時堂本剛のファンだったからこそ見たけど。……ほかのキャストも、まあ魅力的ではあったけれど。話の内容自体は正直……、というか、あの手のお涙頂戴モノはあまり好きではなくて……。
だから、なんとなぁく避けてきたのに。

先週、3巻まで無料というのでつい読んじゃったら……結局今出ている最新刊まで読んじゃったよ……という……。

主人公の八軒。……1巻の時点では、ある意味予想通りのキャラで。……もしかしたら、無料巻が1巻だけなら、もしかしたら続きは読んでいなかったかも。

でも、2巻、3巻まで読んで。……「豚丼」エピソードの序盤は嫌な予感がしたんですけど。
――八軒、彼のクラスメイト同様、ついつい目が離せなくなるんだよね……。

そしてなにより。……色々、美味しそうなんだよね。とにかく、色々。

そうなんだよね。美味しそうなものが出てくる話が気に入ってる率、私の中では結構高いんですよ、コレ。

ただし。――今、雑誌での連載はお休み中で。
よく調べてみると、これまで度々長期の休載があっての今であるらしく。

13巻ラストで、もうクライマックス直前、って宣言している状態で、まさか最終巻が出ない、というオチはないだろう……と信じたい。けど、その“次”がいつになる事やら、という状況にはちょっと……。

宇宙兄弟とか、コナンとか、連載不安定になっているお気入り作品が結構あるので。
昨今、農業同様厳しい出版業界。
あんまり作家さんに無理を言っては、それこそ次が読めなくなる本末転倒な結果になる、と、分かってはいても。

やっぱり、この待ち遠しさは……誤魔化しきれませんねぇ(^ω^;)
スポンサーサイト



10月31日 (土)22時05分 |漫画コメント(0)トラックバック (0)
贄の花嫁 最新話UP! |TOP| Need of Your Heart's Blood 3 最新話UP!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayasegenya.blog45.fc2.com/tb.php/1785-7c52a384
//() :: |

Nicotto アバダー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

RSSリンクの表示

blogram



blogram投票ボタン

▼ 彩世管理ページ

人気ページ

更新予定

My Photo

My Picture

ブロとも一覧


ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

ブロとも申請フォーム

☆この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2 Access Ranking

FC2アフィリエイト

ホームページ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2投票

各小説ヒロイン・ヒーローのうち、誰が一番好きですか? 人気投票の結果でSS書きます!

FC2掲示板

彩世のお気に入り♪

copyright Template by:Ayase Genya